丸山ワクチン

免疫療法

丸山ワクチンは抗がん剤のようにほとんど副作用がないというのが一番の特徴だと思います。

また効果としてがんを封じ込めることで進行を抑えて、また縮小、消失といった効果が報告されています。

それだけでなく、がんが消えなくともがんと共生するということも可能だそうです。

しかし現時点では認可が下りていないため、保険適用外になります。

一応有償治験薬という形でどこの病院でも受けることはできますが、医師の了解がないと受けれませんので、丸山ワクチンに理解がある医師でないと受けれない可能性が出てきます。

 

丸山ワクチン4つの特長

(1)副作用がほとんどない
丸山ワクチンは細胞に対して毒性を持たず、副作用の心配がほとんどありません。

どのような段階のガンであっても、また、患者さんの体の衰弱がみられるときでも、長期にわたって安心して使うことができます。

進行したガンの患者さんで、10年、20年とワクチンを続けておられる方も多数見受けられます。

患者さんにとって最大の利点です。

(2)延命効果がみられる
現在、ワクチンを使う患者さんの中には末期ガンと呼ばれる段階の方が多数いらっしゃいます。

その多くは、体が弱っていたりガンの転移が広範囲に及んでいたりして、手術療法や放射線療法などの治療法を選択できない患者さんです。

そうした患者さんが丸山ワクチンで 5年、10年と長期延命できることは非常に大きな意味をもっています。

(3)自覚症状の改善が図れる
ガンが進行すると痛みや貧血など、患者さんにとって大変つらい症状が現れてきますが、丸山ワクチンにはその痛みをやわらげる作用が期待できます。

自覚症状が改善されることで、たとえ体内にガンが残っていたとしても、患者さんは通常の生活を送ることができるようになります。

(4)ガン腫の増殖が抑えられる
ワクチンを続けていくと、コラーゲン(細胞と細胞をつないでいる線維状のたんぱく質)が増殖しガン細胞を封じ込めます。

ガン細胞が周囲の組織に侵入しようとしても、コラーゲンの線維が追いかけてガン細胞包囲網を作ります。

この「封じ込め」作用が、ガンを縮小し、場合によっては完全に消し去ることもあります。

丸山ワクチンを始めるには

まず、丸山ワクチンによる「治験」を引き受けてくださる医師を見つけてください。

入院している場合、それまで治療を受けていた主治医にお願いするのがよいでしょう。

ただし自宅療法の場合、週3回注射に通わなければなりませんので、近所にかかりつけの医師(ホームドクター)がいればその先生に相談する方が便利な場合もあります。

どの病院のどの医師と限ることはありません。

同じ病院の中で医師によって考え方が違う場合もありますし、それまで受け付けなかった病院でも、熱心にお願いすることで引き受けてくれた例もあります。

まず身近なお医者さんに相談してみてください。

ご自分の力でどんどん切り開いていくことをお勧めします。

初回手続き日本医大へ

必要書類の用意

引き受けてくれる先生が見つかったら、治験承諾書(丸山ワクチンによる治験を引き受けるという担当医師の承諾書)と治験登録書(現在までの治療経過をまとめた病歴書、再診時提出も可能です)を書いていただきます。

ワクチン療法研究施設へ

書類が入手できたら、初回は、担当医師に代わってご家族か、身内の方がワクチン療法研究施設へいらしてください。

診療はありませんのであえてご本人がいらっしゃる必要はありません。

※不特定多数の患者さんを対象とする代行業者などに丸山ワクチン(治験薬)を交付することはできません。これは厚生省(当時)令にも定められています。
初回SSM申し込みの手続きと説明会は、患者さんご本人またはそのご家族・身内の方に治験内容の説明を行い、同意を得る(インフォームド・コンセント)ための場ですのでご理解とご協力をお願いします。

アクセス、問い合わせ先

〒113-8706
東京都文京区千駄木1-1-5
日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設
電話: 03-5814-6996、03-3821-7153

受付日、受付時間:月・火・木曜日、午前 9:00 ~ 午前 11:00

祝祭日、年末年始(12/30~1/4)、本学創立記念日(4/15)は休診となります。

現在、お問い合わせが多く、電話がつながりにくくなっております。
お問い合わせは、月~金、8:30~17:00、受け付けております。

手続きと説明会

約2時間かかります。

終了後、丸山ワクチン1クール分(20本、40日分)を受け取ります。

費用:
有償治験の費用は1クールにつき9,720円(消費税含む)です。

その他:
<本人も家族も行けず、代理の当てもない場合>
丸山ワクチンは有償治験薬という特殊な取り扱いの薬ですから、説明会で薬について、今後の手続きについて等、良く理解した上で使うことが必要です。

遠方の方は大変かと思いますが、何とか都合をつけて来院しましょう。

丸山ワクチンを代理で取りにいくという代行業者は、厚生省(当時)令により認められていません。

<治療に際しての制限事項>
制限は特にありません。

抗ガン剤や放射線と併用することも可能です。

併用の場合も、丸山ワクチンのために副作用がひどくなるという心配はないのでご安心ください。

むしろ、丸山ワクチンとの併用によって、抗ガン剤や放射線による副作用が軽減したという例もあります。

丸山ワクチン治療の実際

(1)基本的な使用法
通常SSM(A)および(B)を隔日で交互に皮下注射します。
交互の場合は、例えば、第1日(A)、第2日(休)、第3日(B)、第4日(休)、第5日(A)という具合に注射します。

注射日 10 …..
SSM A B A B A …..

但し、通院の場合は休診日を避け、週3回(例えば月・水・金)注射します。病状・経過によっては(A)単独または(B)単独で使用する場合もあります。

(2)開始時期
ガンとわかったときから使い始めるのが理想的ですが、それが無理であれば手術して退院してからでもよいでしょう。

手術療法、放射線療法、化学療法のいずれと併用しても副作用の報告はありません。むしろ、どのような治療法を選択した場合でも、ワクチンを併用されることをお勧めします。

ガンは局所療法だけでは捕らえきれない相手です。悪い部分をしっかり叩きながら全身の抵抗力をしっかり強化し、ガンを体全体で迎え撃つことが必要です。

(3)使用期間
通常は、ワクチンを使い始めて最初の3年間は1日おき、または週3回注射します。

ワクチンの治療開始後3年間、再発や転移がなければ注射回数を週2回にして5年まで続け、異常がなければ週1回に減量し、適宜終了します。

また、明らかにガンの消失が認められている場合でも、患者さんの親、兄弟、親類にガンが多発しているようなケースでは、再発予防のために長期的にワクチンを継続している方もいらっしゃいます。

(4)開始後のスケジュール
丸山ワクチンは1回に1クール分(20本、40日分)お渡しします。

次回分をお申し込みの際は、毎回、治験担当医師が病状経過を記載したSSM臨床成績経過書の提出が必須です

検査項目・回数は患者さんの状況により異なりますので、主治医あるいは治験担当医師のご判断により検査を行わなかったときは、検査結果の欄は「今月は検査なし」の記入でかまいません。

直接来院される場合は、当方の医師が面談のうえ、丸山ワクチンをお渡しします。

郵送の場合は、手続き、郵送期間として10日ほどかかりますので、丸山ワクチンがなくなる2週間ほど前に申込準備を開始してください。

丸山ワクチンの費用

気になる費用ですが、まず丸山ワクチンのものは約40日分(1クール。通常はA=10本、B=10本)で9,000円+消費税=9,720円です。


この外に担当医に支払う注射料(技術料)、文書料(経過書作成)がかかりますが、自費診療になりますので、いくらという規定はありません。

医師が見つからない場合

医師が見つからずお困りの場合は「丸山ワクチン患者・家族の会」にご相談することも一つの手でしょう。

〒113-8706
東京都文京区千駄木1-1-5
日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設内
電話:03-3823-4620

受付日、受付時間:月・火・木曜日、午前 9:00 ~ 午前 11:00

祝祭日、年末年始(12/30~1/4)、本学創立記念日(4/15)は休診となります。

丸山ワクチンの情報お願いします

丸山ワクチンを受けている方、受けていた方の情報をよろしくお願いします。

効果があったなかった等々どんな情報でも結構です。

皆様からの情報お待ちしております。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。
よろしければポチポチっとご協力よろしくお願いします。